火災保険の裏技

火災保険を比較して誰でも最安値で契約する方法

1. 最安値で火災保険を契約したい

049692

 

火災保険を比較して納得の最安値で契約する事は新築で不安無く生活するために必須の作業だ。しかし、火災保険は正しい方法で比較検討しないと、とんでもない苦労を経験する事になってしまう。だが安心して欲しい。火災保険を比較して誰でも最安値で契約する方法が存在する。この記事でその方法を紹介する。是非実践し、あなたの新築生活を豊かな物にして欲しい。

 

1.1 火災保険には正しい選び方が存在する

私のサイトにアクセスされる方の傾向を見ても

  • 火災保険の比較方法がわからない
  • 火災保険の最安値はどこなのか
  • 火災保険を安く契約する方法

といったキーワードが並んでいる。それもそのはずだ。

一戸建ての火災保険を契約する事自体、人生で2度あれば多い方という世の中で、火災保険の選び方が一般的な話題になる事自体が少ないのだ。

こういった事情から良い火災保険に巡りあう方法を見つけられず、高値の火災保険を契約してしまう人が残念ながら多々存在する。

しかし、安い火災保険を見つける方法さえ知っていれば、実はとても簡単に見つけることができてしまうのだ。

最安値の火災保険を発見する為に、私が最もお勧めするのが【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 だ。
私の経験上、もっとも役に立ったサイト

提供元:インズウェブ
サービス名:火災保険一括見積もりサービス
価格:無料

この方法を実践する事で私はたった3日で最安値の火災保険を探し当てる事に成功したのだ。
secomsonpo

しかも、火災保険自体を検討した時間は1日にも満たない。

しかも、契約した火災保険は、大手の中で比較して間違いなく1番安いと胸を張って言える価格だ。

【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 』は保険取扱いで有名なインズウェブが運営する火災保険比較サイトだ。に出会うまでの私の苦労と、に出会ってからの進展の速さ、最安値の保険を見つけるまでのプロセスをご紹介しよう。

 

2.効率の悪い対面での保険選び

051216

私が火災保険の契約を意識し出したのは、建築も終わりに近づいた内装工事の段階(引き渡しまであと1ヶ月)だった。

火災保険は必要だという意識はあったのだが、日々進捗する内装工事の具合が気になり、中々火災保険の事に時間が割けなかった。

そして、ずるずると引き渡しまで後1ヶ月と言うところまで来てしまったのだ。

火災保険は自由加入と思うかもしれないが、実は火災保険加入が住宅ローン借り入れの条件になっている事が多い。

お金を貸し付ける銀行側も、火災で一文無しになると住宅ローンが返してもらえなくなる為、必要な保険と言うわけで、住宅ローン借り入れ者には火災保険の加入を強制するのだ。

私の加入している住宅ローンにも当然のごとく火災保険の加入が前提として書かれている。

銀行の担当者に火災保険の契約書を見せなければならなくなった場合、住宅ローンの貸付日より火災保険の加入日が遅くなっていると、条件の不履行で住宅ローン貸付が取りやめになりかねない。

私はなんとしても引き渡しまでの一ヶ月で火災保険に加入する必要があったのだ。

しかし、火災保険は新築取得の費用の中でも大きな金額の部類に入る。30年一括でも20万程度は覚悟しなくてはならない。

更には保険会社毎に値段が異なるため、適当に選んだ会社で契約すると、高い保険をつかんで大損をしかね無い。

こういう時は相見積もりをとり、契約内容と保険金額の相場を得るのが基本だ。私は銀行が勧める東京海上日動とハウスメーカーが勧めるセコム損保の火災保険を比較して見ることにした。

この段階では、私は安い保険会社を見つける事はそう難しくないだろうと考えていた。しかし、それが大きな間違いである事に気付くのは一週間後の事だった。

対面での火災保険選びは、具体的には以下のような不満が出てくる。

  • 保険会社との直接面談はとにかく時間がかかる
  • 比較の為の見積が中々揃わない
  • 本当に安い保険を選べているのか判断出来ない

これらは火災保険を選ぶ上で大きな障壁となり、肝心の家づくりの邪魔になってしまう。私が実際に対面で火災保険を選ぼうとした時の話を例に詳しく説明しよう。

2.1 保険会社との直接面談はとにかく時間がかかる

一ヶ月以内に火災保険に入らないと住宅ローンが降りない私としては、急いで契約まで辿り着く必要があった。

しかし、十万を軽く超える買い物を比較もせずに買うのは抵抗があった為、最低でも2社は比較して優劣を見てから決めたいと考えた。

もちろん2社も情報を集めて厳選して選びたかったのだが、一ヶ月しか猶予の無い私は、二社の候補は銀行の勧める東京海上日動とハウスメーカーが勧めるセコム損保にすることにした。

銀行とハウスメーカーを信じて飛び込む形になるので、何事も全て吟味してから決めたい私は、この時点から他人を盲信して2社を選んで本当に良かったのか、この後ずっと心の奥で葛藤することになる。

自宅は引越しの用意なども始まり片付けられない状態だったのを見越してハウスメーカーが気を利かせ、両社の担当に連絡し、ハウスメーカーの事務所で面談させてもらえるよう手配してくれた。

一社目は東京海上日動だ。営業は男性と女性が一名ずつで火災保険自体が始めての私に混雑丁寧にオプションの説明をしてくれた。火災保険のオプションは不要になる物も多いのでおすすめの構成で提案しますとの事で幾つかのオプションに絞ったプランを持って来てくれた。プランを見てみると、基本的な補償から水災のみを外し、オプションを複数付けた構成で価格は火災保険30年で約30万円となっていた。この金額やオプションが妥当なのかはもう一社目の見積を並べて比較してみるしか無い。この日は1日で二社とも話す予定にしており1時間後にはセコム損保が面談に来ることになっていた。それまでに説明された内容を復習しておきたかったのである。

私は、例を述べて話を打ち切りにしようとしたのだが、ここからが長かった。

東京海上日動は大手である。取扱う保険の数も非常に多い。東京海上日動の営業マンが『他の商品も紹介させて下さい』と言いつつ机の上に生命保険や車両保険のパンフレットが並べていってしまった。

この時点で断れば良かったのだが、タイミングを逃してしまい、この後たっぷり45分火災保険以外の話を聞く羽目になってしまった。

次の面談まで15分しかなく復習の時間には全く足りない。しかも、お手洗いに立って戻るとセコム損保の担当者はもうテーブルについていたのだ。

慌てて一社目の資料を隠すと(バレバレではあるが)セコム損保の担当者は持ってきた見積を広げながら説明を始めた。

セコム損保は女性の担当者一名で説明も丁寧でわかりやすかったが、肝心の見積は必要最低限でオプションが入りそうなら別途見積もるので連絡して欲しいとの事だった。

見積金額は30年で20万となっていた。見積を手に入れてもオプションの説明も受けたので、検討するのに十分な材料が揃ったので今度こそ話を打ち切ろうとまとめのセリフに入ったのだが、またしてもやられてしまった。

取り扱う他のサービスも説明だけでも聞いて欲しいとの事だった。断る事も出来るのだが、この後何度も会うことになるかもしれないと思うと無下にも出来ず仕方なく話を聞くことにした。この話にはたっぷり45分程かかった。

入る気が無い保険商品の説明は正直なところ苦痛でしか無いのだが、対面で保険見積の説明をしてもらう代償として諦めることにした。

結局、二社と面談をするだけでたっぷり5時間は使用した。面談の場として使わせてもらったハウスメーカーの営業店までの往復を考えると二社の面談のために7時間程費やしたことになる。

まさに一日仕事だ。しかし、二社の見積を取っただけて10万円もの開きが出てしまった。一社だけでわけも判らず契約してしまうことを考えるととても恐ろしい。やはり火災保険に比較検討は必須なのだ。

 

2.2 比較の為の見積が中々揃わない

こうして私は、丸一日をかけて保険会社二社の見積を手に入れた訳だが、この見積はそのまま比較に使うことは出来ない。

何故なら、見積の前提条件が全く違うからだ。二社を比べる為には見積条件をこちらで予め選んで、その内容を保険会社二社に伝え、再度見積を出し直して貰わなければならない。

しかも、私が早くその作業を終わらせないと比較できる見積は永遠に手に入らない。

急いでやらなければならないのだ。結局仕事を早めに片付け二日かけて前提とする保険の種類やオプションを決めて保険会社に送付し、この内容で見積を作って提出して欲しいと依頼をした。

これで見積が出てき次第、やっと二社を比較できるはずだ。しかし、二社からの回答は『再作成した見積を説明させて欲しい』であった。

営業は見積だけを送って後は見てくださいというのは通らないらしく、どうしても会って説明がしたいと言い張るのだ。確かに、会って説明する方が成約率は上がるだろうから当然と言えば当然だ。

しかし、時間の無い私にとっては見積だけもらって検討の時間を取りたかったので逆効果だ。

こうして、両社と再度半日を費やして面談した結果、おおよそ同条件の見積を手に入れることが出来た。おおよそ、と書いたのは東京海上日動側の見積に不要としたオプションが残っていたからだ。
要らないと伝えたはずなのだが、修正漏れか伝わっていなかったか、見積に残っている。
修正してもらうとまた面談しなくてはならないので、もう諦めてしまうことにした。しかし、この不要なオプションも、保険会社の選定結果を不安にさせる要素になってしまった。

2.3 本当に安い保険を選べているのか判断出来ない

火災保険の見積は"ほぼ"同条件で異なる二社の物が用意出来た。見積を得るに際し提示した見積前提条件は以下の通りだ。

 

見積前提

  • 保障期間30年
  • 水災無し
  • 地震保険あり(5年×6回の30年)
  • 家財保険790万
  • 免責なし
  • ホームセキュリティー加入あり(※セコムのみ)

そして、得られた見積金額は以下の通りである。

東京海上日動とセコム損保の比較(30年分)
保険会社火災保険家財保険合計
東京海上日動約87万約35万約122万
セコム損保約69万約28万約97万

 

一見してセコム損保の圧勝に見える。しかし、ここまでやってもセコム損保で本当に良いのかという疑問が浮かぶ。それは以下のような不安が残るからだ。
東京海上日動側の見積には不要なオプションが残っていて正しく比較になっていないという不安
二社でこれだけ違うならばもっと安い保険会社があるかもしれないという不安

残念ながら長時間を消費して手に入れた見積を比較しても、拭いきれない不安が出てきてしまったのだ。

時間が無限にあるのならば、オプションまで揃えた見積を他の何社かに依頼し面談を繰り返すことでより詳細な比較が出来るだろう。

しかし、新築を建てるには様々な検討事項が出てくる。しかも建築が始まるとわずか3,4ヶ月程で完成してしまう。火災保険だけに時間をかける訳にはいかないのだ。

この時点で残りは2週間だ。もはや始めからやり直す時間もない。損をするのも覚悟の上ででどちらかの保険会社に契約してしまうしかないのだろうか。

しかし、会社の昼休みまで火災保険の見積を眺めて悩んでいた私に、同僚が衝撃的な事実を告げた事から事態は急展開する。

 

3. 私がインズウェブ火災保険でたった3日で最安値の火災保険を見つけた実体験

火災保険契約までのリミットが刻一刻と近づくが自分にベストな火災保険がどれか判らず悩んでいた私に、会社の同僚達が、さらりと重要な事を告げた。

同僚『火災保険でなんでそんなに悩んでるの?【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 で比較すれば一発なのに。』

しばらく時が止まった気がした。同僚によると瞬きも忘れてたっぷり1分近く固まっていたそうだ。気づいたときには同僚達はかなり心配そうに私を覗き込んでいた。

それもそのはずだ。この二週間、夢にもでそうな勢いで火災保険を分析し、必死に最適な保険を見つけようとした挙句挫折しかかっていたのだ。同僚が放った『一発で探す方法がある』という言葉を私の脳が理解するのを拒むのも致し方ないと言えよう。

危うく倒れこみそうになったが、どうにか自分を取り戻すのに成功した私は、同僚にセリフの続きを教えてほしいと言った。

同僚『俺が家を建てた時には、火災保険は【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 で12社を同じ条件で比較してサクッと決めたよ。特に迷うことなんて無かったけど?』

またも私には衝撃的過ぎる内容であった。『そんなこと出来るの?!』と危うく叫びそうになった程だ。

インズウェブは今や知らない人はいないのではないかというぐらい有名になった保険取扱いサイトである。

しかし、同僚はなぜを選ぶなどと言ったのか。少し悩んで私は答えに辿り着いた。火災保険はオーダーメイドではなく家電と同じように既製品の中から自分に最適な物を見つける。

すなわち、家電を買う時のように多くの商品を比較して自分に使い勝手の良い条件を備えた商品を見つければ良いだけなのだ。

私はたまたま、紹介された二社から苦労して手に入れた見積りを比較して悩んでいたが、これは全くもって無駄な作業だったと言わざるを得ない。

その後、私は仕事が全く手に付かずいつも遅くまで居残る会社から早々に帰宅し、【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 のホームページにアクセスしていた。

3.1 インズウェブ火災保険で見積を取得

同僚が言うとおり、【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 での見積取得は非常に簡単な物だった。

保険対象の物件情報入力
申込者情報入力
確認

これだけしかプロセスが無いのだ。なんという事だろう。時間にして5分もかかっていない。ここから、見積が届くのを待つだけだ。

見積依頼を行ってからちょうど2日後にメールと郵送でなんと14社分もの見積が届いた。私が2週間をかけて苦労して手に入れた見積りはわずか2社のみであり、しかも条件が不揃いで正しく比較できないものであった。
それに比べ、から送付された見積りはなんと14社分もあり、更にそのすべての見積りが依頼時に入力した条件で産出されており簡単に比較することが出来るのだ。

ますます私の始めの2週間がなんだったのかと考えてしまうが、悲しみに暮れている場合ではない。私は早速見積の金額を見比べて見ることにした。しかし、焦る気持ちも不要であった。一目みて、結果は明らかだったのだ。

3.2 火災保険会社決定!

ついに私は最も安い火災保険を見つけることに成功した。と、いっても私がやった作業はから【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 送付された見積金額を並べるだけだった。

だたったそれだけの作業をするだけで、一発で最も安い保険会社が発見できたのである。拍子抜けする程簡単な作業であった。

その保険会社は偶然にも面談をしていたセコム損保であった。ホームセキュリティに入ることにより適用される割引率が高く、他の保険会社より圧倒的に安くなっていたのだ。

二社で比べている時もセコム損保は安かったが、正しく比較できる相見積もりが無かったので、最安値なのかは自信が持てなかった。

しかし、14社もの見積を同条件で並べることで、セコム損保が明らかに他社より安い事を確認出来たのだ。

私は、早速セコム損保の契約窓口に連絡し、契約の手続きを取った。【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 に見積を依頼してから契約する保険会社を決めるまで実に3日弱の作業であった。

その間、面倒な保険会社との面談もなく時間を無駄なく有意義に使えるのでとても画期的であった。火災保険を選ぶには最適の方法だと確信を持って言える。

【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 なら誰しも迷うことなく最適な火災保険を見つけることが出来る。

4. 私が インズウェブ火災保険で最安値の保険会社を見つけられた理由

住宅ローン実行までの1ヶ月という猶予の中で、2週間を保険会社との面談で消費してしまい路頭に迷いかけた私が、【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 に出会い、1週間で契約までこぎつけることができた。その秘密はどこにあったのだろうか。

なぜ、こんなにも火災保険選びが楽になったのか。無事に保険が契約出来た後、不思議に感じた私は、がなぜ快適な保険選びを実現出来ているのか検証して見ることにした。

私が独自に検証し明らかにした【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 の秘密を明らかしてみよう。

4.1 インズウェブ火災保険見積は保険選びで困るポイントを的確に解消してくれる

【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 は私が保険を選ぶ際に『困った』と感じたことを全てクリアしている事だと気付いたのだ。

具体的には以下の3つである。

  • 保険会社との直接面談はとにかく時間がかかる
  • 比較の為の見積が中々揃わない
  • 本当に安い保険を選べているのか判断出来ない

これらの全てを【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 は見事に解消してくれているのだ。

保険会社との直接面談はとにかく時間がかかる点について

私が保険会社の担当者と直接面談して保険を選んでいた時は、営業担当と時間を調整し打ち合わせ場所まで赴いて、不要な保険の話なども聞いてあげつつ、やっと見積もりを取得していた。

しかし、【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 なら基本的にWebで見積もり依頼ができ、しかも保険会社との直接面談はあっても契約する意思が固まった会社のみなので無駄な時間を使うことが一切無いのだ。

比較の為の見積が中々揃わない点について

個別で保険担当者と面談した時には、作ってもらった見積もりに要望していないオプションが含まれる事があり、比較条件を整えるのが大変であった。

しかし、【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 では指定したオプションでしっかり見積を作って来てくれる。担当者が気を利かせて要りそうなオプションを追加したりしない為、一発で条件が同じ見積が手に入るのだ。

本当に安い保険を選べているのか判断出来ない点について

私が面談をした保険会社はたった2社だったが、それでも半日かけて面談を繰り返しやっと見積を手にいれた。

しかし、たった2社では、本当に安い火災保険を選べているのか判断しにくいのだ。もっと参考にする他社の見積が欲しいが、3社も4社も見積を取っていたのでは無駄に時間だけが浪費されて行く。

家の建設具合などを、気にしなければいけない時期に火災保険ばかり時間はかけられないのが実情だろう。しかし、ならば、同じ条件の見積を一気に14社分取り寄せることができるのだ。

しかも依頼はWebで24時間行える上、一回の入力で12社に一気に依頼することが出来るのだ。

14社は保険業界最大手の東京海上日動や、ホームセキュリティとの連動で安値の火災保険を提供する新鋭のセコム損保など色とりどりの保険会社が揃っている。

この12社分もの見積を一気に比較すれば、見積もる家を取り巻く環境の中で最も安い火災保険を見つけることが出来るのだ。

5. インズウェブ火災保険ならあなたにぴったりの火災保険が確実に見つかる!

火災保険はオーダーメイドではなく家電と同じように既製品の中から自分に最適な物を見つける必要がある。

すなわち、家電を買う時のように多くの商品を比較して自分に使い勝手の良い条件を備えた商品を見つければ良いだけなのだ。

私はたまたま、紹介された二社を比較して悩んでいたが、これは全くもって無駄な作業だったと言わざるを得ない。

限られた私の猶予時間内で確実に最安値の火災保険を見つけてくれた、まさに救世主である。

無事に住宅ローンまでに火災保険が契約できた私は、その後無事に新築へ引っ越し、火災保険の安心とともにやすらぎの毎日を過ごしている。

 

 

6. 貴重な建築中の時間を無駄にしているあなたへ。火災保険で悩んでいるならすぐ試してみよう!

家が完成するまでの時間は意外と短い。建築の途中経過を眺めることで変更したい仕様なども出てくるだろう。

自分の理想の家を仕上げるためには、それなりに時間をかけなければいけない。火災保険に時間をかけ過ぎると、家に集中する時間が取られ、不満が残る家になりかねない。

火災保険選びは数ある会社の中から、あなたの条件に最適な会社を見つけるだけの作業だ。

その作業には【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 を使う事で最短距離を走り抜けられる。あなたが今現在、火災保険で悩んでいるのであれば、是非、【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】 で短期間で簡単に最安値の火災保険を見つけて、火災保険にかける時間を節約して欲しい。

そして、節約できた検討時間をあなたの家づくりの時間にあてて、是非素敵な家を完成させて欲しい。

まとめ

  • 対面での火災保険選びは効率が悪い
    ・保険会社との直接面談はとにかく時間がかかる
    ・比較の為の見積が中々揃わない
    ・本当に安い保険を選べているのか判断出来ない
  • iインズウェブ火災保険なら最短距離で最適な火災保険を選ぶ事ができる
    ・保険会社との直接面談はとにかく時間がかかる問題
  • 保険会社との直接面談は最低限。見積依頼は24時間WEBで可能
    ・比較の為の見積が中々揃わない
    一回の請求で同じ条件の見積が一気に12社分取得できる
    ・本当に安い保険を選べているのか判断出来ない
  • 14社もの見積から選ぶのであなたの条件で最安値になる保険会社がすぐ判る

火災保険選びにかかる多大な時間を節約できれば、家づくりに集中できて良い家が出来上がる。

この記事で火災保険選びの時間とお金が無事に節約できてあなたの新築が素晴らしい物になれば幸いだ。

インズウェブ火災保険で最安値の火災保険を手に入れるにはこちらだ。

提供元:インズウェブ
サービス名:火災保険一括見積もりサービス
価格:無料

 

-火災保険の裏技
-

© 2021 カスタムハウス!